盆踊り広場☆イヤコラセ東京について 2010/7/4掲載

2005年からスタートしたこの「盆踊り広場☆イヤコラセ東京」ですが、おかげさまで約5年間継続することが出来ました。これは、ひとえに関東エリアの河内音頭・江州音頭ファンの皆さまによる限りないご支援によるものです。管理人として、これ以上の喜びはありません。

河内音頭は、聴いて良し、踊ってなお良しのダンス・ミュージックです。大東京の墨田区錦糸町では、約30年の長きに亘って、地域のイベントとして定着してきました。

また、大久保、草加といった錦糸町の次の世代による河内音頭イベントが、この間生まれ、そして新しい楽しみとしてそれぞれの地域に定着し始めました。

一方、本場大阪・河内では、盆踊りなど縮小していくとともに、名人と謳われた音頭取りたちが黄泉の国で音頭を取るようになって久しくなってきました。

そんな中、この「盆踊り広場☆イヤコラセ東京」を中心に、もっともっと河内音頭や江州音頭を世界に紹介し、新しい音楽としてもっと多くの人たちに楽しんでもらいたいと、2009年7月イヤコラセ東京の関係者により、新たに「首都圏河内音頭推進協議会」を設立しました。

この団体は、河内音頭のイベントを支援するとともに、メディアへの広報や、地域活動の支援などこれまで以上に自由に活動をすすめていきたいと考え、設立を行ないました。そして、この「盆踊り広場☆イヤコラセ東京」も、この「首都圏河内音頭推進協議会」の一活動として、より幅広い活動を行なっていく所存です。

皆様には、是非引き続き、ご指導ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

管理人いちばけい

  

 

お問い合わせ: iyakorase@nakayoshi.cc

盆踊り広場☆イヤコラセ東京について(サイト立ち上げ時のご挨拶)

このウェブサイトは、関東での河内音頭状況を活発にするために、音頭ファン有志で作っています。

聴いて良し、踊ってなお良し河内音頭。華の大江戸、墨田区錦糸町では大きな盆踊り会が、地元を始めとする関係者の血の滲むような努力で、もう23年も続いています。

しかしながらここまでは、年に二日の逢瀬を楽しむだけで、また来年までさようなら、という牽牛と織女のような出逢いに留まっていました。

本場の関西では単なる夏の風物詩でなく、一年中、聴けて踊れるのです。

そこまでは無理としても、いつも音頭を話題に集いたい熱き想いが、このウェブサイト開設の動機です。

関東の盆踊り好き、音頭狂のみなさん、ぜひこの「イヤコラセ東京」を利用してそれぞれの楽しみを深め、更には同好の志との交流を図って下さい。

開始直後でまだまだ至らない部分が多々あります。

みなさんのご意見、ご指導で改善していきます。

それではお時間見えますまで、務めさせていただきます。

ハイッ。 

盆踊り広場☆イヤコラセ東京 

お問い合わせ: iyakorase@nakayoshi.cc